社友会のご案内

丸紅社友会規約

施  行: 昭和55年5月1日  最終改定:平成30年4月1日

第1条

本会は「丸紅社友会」と称する。

第2条

本会は第3条に定める会員(以下、会員という)相互、および会員と丸紅株式会社(以下、会社という)との間のコミュニケーションを密にし、懇親を図ることを主たる目的とする。

第3条

(1)会員とは、次の各号のいずれかに該当する者を言い、社友と呼称する。
 1. 役員及び役員を退任せる者(執行役員を含む。
 2. 定年退職者
 3. 勤続15年以上で、会社を円満に退職した者 ただし女性の場合は、勤続5年以上でこの資格を得るものとする。
 4. その他、第5条に定める役員会が入会を認めた者  

(2)会員は年会費負担の有無により、以下の2つに分かれるものとする。  なお、年会費の拠出は会員の任意とする。  
 1.第8条(1)に定める年会費を拠出する者をA会員と称する。
 2.年会費を拠出しない者をB会員と称する。

(3)A会員の配偶者で入会を希望する者については、第8条(1)に定める 年会費を支払うことにより、準会員となることが
   できる。
   準会員は、総会、月例会、ビアパーティー、ゴルフ大会に参加可能とする。

第4条

本会に次の役員(以下役員という)を置く。
 会長1名
 幹事14名
会長には会社の社長が就任し、幹事は、会員の中から関東地区6名、関西地区5名、北海道地区、中部地区、九州地区それぞれ1名を、
会長が委嘱する。なお、幹事の中から、代表幹事1名と会計監事1名を互選する。

第5条

会長は、本会を代表して、会務を総覧する。会長および幹事は役員会を構成し、本会の諸事項を合議決定する。

第6条

役員の任期は、就任の日より満2ヶ年間とし、再任を妨げない。

第7条

本会の定期総会は、原則として東京および大阪にて各々毎年1回開催する。

第8条

(1)本会の運営は、以下に定める、A会員および準会員拠出の年会費および その他の収入をもって行う。
   その他の収入には、会社からの支援金、その 他寄付金を含む。
    A会員及び準会員拠出年会費:A会員4,000円、準会員2,000円
(2)A会員には、カレンダー、グループ広報誌等が届けられるほか、社友会が主催するすべての行事に参加できる。
   また、賀寿のお祝い、弔慰手配の対象にもなる。
   B会員は、総会およびゴルフ大会に参加することができること以外は、全て対象外となる。
   準会員は社友会が主催するすべての行事に参加できる。
   また、年会費拠出の有無を問わず、希望すれば、会員の訃報や社友会事務局からのお知らせのメールを受け取ることができる。
(3)A会員及び準会員が拠出する年会費は、原則として毎年7月末を期限に支払うものとする。
   B会員がA会員への転換を希望する時には、その旨を社友会事務局に通知し、その時点で年会費を支払う。
   年会費の支払方法については、別途役員会にて決定する。
(4)本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
   本会の予算・決算については、役員会にて審議決定し、会長は会員に報 告する。

第9条

本会は第2条の目的を達成するため、次の事項を行う。  
 1. 総会、月例会、ビアパーティー、ゴルフ大会等の開催
 2. 死亡した会員に対する供花の贈呈
 3. グループ広報誌「M-SPIRIT」の配付
 4. 社友会ホームページの運営
 5. その他、必要と認められる事項

第10条

本会事務を処理するため、下記の部署に事務局を設置する。
関 東 地 区:丸紅(株)東京本社人事部
        丸紅オフィスサポート(株)
関 西 地 区:丸紅(株)大阪支社人事部大阪人事課
北海道地区:丸紅(株)北海道支社市場業務部北海道業務課
中 部 地 区:丸紅(株)中部支社市場業務部名古屋業務課
九 州 地 区:丸紅(株)九州支社市場業務部九州業務課

第11条

本規約に定めていない事項もしくは運用の細目については、役員会において合議決定するものとする。